<   2010年 02月 ( 3 )   > この月の画像一覧

遅ればせながらツイートしました

ショージさんがblogで、NBIの孫さんの講演を紹介していた。

http://www.ustream.tv/recorded/4438919

00:36:00ぐらいから孫さんの講演です。

「教育×IT」

30年後の教育…どうあるべきですか?
ツイッターでのその問いかけに1000もの返事が・・・単純にすごい。
まあ、孫さんの問いかけだからといのもあるが。

そして、教育にとって大切だと思う事にきたコメント。

「感動を伝える事」 

ダム一つで子供たちに電子書籍が与えられる、という話もあったが、
電子書籍が感動を伝えるられるかどうかは別として、
教育の根幹に「感動を伝える事」は素晴らしい。

学ぶこと、知る事の始まりは「感動」でしかない。

教育が子供たちにとって苦役と考えられている今、学ぶ事の本質は「感動を伝える事」。
これしかないんだろうな。

孫さん、そしてプレゼンうますぎるな。
すごい。


自分もやっとこさツイッター始めました。
@masa_shimo
です。
[PR]
by shimochan_terry | 2010-02-11 10:12 | 日々の徒然

初めからやり直す

「リエンジニアリング革命」

e0085202_214682.jpg


2年ぐらい前に読んで、再読。
(会社の研修の課題本に入っており、久しぶりに手に取る)

「ああ、カイゼンでしょ」とか「ああ、BPRでしょ」と思っている人はしっかり読んだほうがいい。
ビジネスを革新する重要なコンセプトを提示している。

リエンジニアリングは「初めからやり直す事」。

分業による業務の細分化で生産力を生み出してきた過去と決別すること。
業務が細分化されすぎた現状は、個別の業務は最適化された一方で
業務間の溝、行き来が増えて、プロセス全体ではわけのわからない無駄が大きくなっている。

顧客起点で何を提供するのかから、改めて全てを抜本的にデザインしなおすこと。

もう一つ大きな示唆は、ITを無駄に適用しない事。
既存のプロセスを「より早く」するための情報技術は誤った方向性にアクセルを踏む事に他ならない。
プロセスのオートメーションに価値はない。

全てを初めからデザインしなおした上で、そのデザインを実現するために情報技術を利用してみる。

リエンジニアリングのコンセプトはサプライチェーン、チェンジマネジメントといった企業変革コンセプト、
はたまたよく言われる「現場力」みたいなものの走りなので知ってて損はない。

元は、日本の「カイゼン」、「かんばん方式」を進化させたコンセプトであるから当然ではあるが・・・
[PR]
by shimochan_terry | 2010-02-05 22:35 | プロセスマネジメント

「型」を肯定する

「思考する営業」

e0085202_21362822.jpg


スーパースター営業に頼るのではなく、組織として生産性の高い営業組織の作り方。
売上が右肩上がりの時代はどれだけ顧客獲得できるかが第一義だが、
成熟したマーケットでは組織として効率的に営業をかけられるかが鍵。

営業を科学するかの如く、「型」の重要性を話している。
売上マネジメントではなく、行動マネジメントを徹底し、評価も連動させる。

売れなかったことを詰めるのではなく、行動できなかった理由をとく。

「型」という表現は営業にとっては管理されているとか、不自由なイメージを想起させる。
「型」の利用や、行動マネジメントが顧客への価値を提供向上につながる、
簡単に言うと「これ使えるじゃん」って思われるかが全て。

安定した強さは基本をどれだけ徹底して行えるかであり、
まあ、守破離で考えれば「守」なので型を回せることは必須なのですが。

できる人ほど、基本を大事にしますもんね。

顧客が求めている価値にあわせて、
事業として営業に期待する事を定義し(従来までの単純な売上だけでなく)、
それを評価する指標を決定して、
ぐるぐる回して見えるようにする。
[PR]
by shimochan_terry | 2010-02-04 21:59 | 営業戦略