<   2009年 08月 ( 7 )   > この月の画像一覧

ディア・ドクター

実家の地元の映画館でディア・ドクターを鑑賞。

僻地の無医村で無免許医が地元の人たちから信頼されていたものの、とある事件をきっかけにバレテ、医者は逃走する・・・、というあらすじ。

地元の人達からすれば、無免許であっても治療を受けて助けてもらっていたのは事実。
そんな地域で治療を受けれるかどうかは、地元の人にとっては切実な問題で、もし無免許であったとしても、そして、薄々気づいていたとしても・・・ということもある。当たり前に許される事でないとしても、正しい事の解釈は変わる。

古くからあるテーマですが、この映画は暗くならず、笑いもあり、俳優も演技が自然でよかったです。
瑛太はこれまで、そんなに好きでなかったのですが、好感度UP。
また自然の画もきれいでマッチしていたよ!

監督が「ゆれる」の西川さんだったのね・・・何も知らずに見ていたよ。さすがです。

ちなみにテーマとして「正しいとは何か?」を捉えた映画で僕がお勧めはダークナイトです。
[PR]
by shimochan_terry | 2009-08-10 22:45 | 映画

セブンのFC戦略

最初のNewsからは少し時間が経ってしまっているが、セブンイレブンの下記件に関して。
セブン-イレブン:「値引き」容認 来月契約改定、販売期限の1時間前から

最初、このNewsを見た時は驚きとともに、セブンそりゃあかんやろ、というのが実直な感想。

(売上-仕入れ原価)×ロイヤリティ率=セブン本部の取り分
上記式が基本的な考え方。

売れ残った際に損するのはFCの各店舗側のみ。
店舗とすれば最悪の場合、原価だけでも補填できれば損失を減らせるので値引きへのインセンティブが働く。
さらに、廃棄ロス(=売残り)、棚卸ロス(=万引き)などは本部の管理外(コントロールできない)のため、そこにもチャージがかかり、本部へ支払いが必要になるとのこと。
うまい事、店舗にリスクを移転させている。

契約内容を簡略化すると、セブン本部は商品を卸しているだけなんだから、価格決定権は各店舗が売上最大化をシミュレーションして決めればいい。
もし、それが価格競争に巻き込まれて長期的には各店舗へマイナスに跳ね返るとしても、価格競争に巻き込まれるのは、価格にしかサービスの訴求ポイントがないからであって受け入れるしかない。

ちょっと横道にそれたが、セブン本部と各店舗の契約は単純に考えれば、2つ。

1つは、店舗に陳列する商品を本部は各店舗に卸すだけで、仕入れ値だけ店舗は本部に払う。
売値は各店舗が決めればよく、高単価で回転数少なくてもいいのか、ギリギリの値段で多売するかは各店舗で決める。各店舗が自分の売上最大化をはかって価格決定する。
(本部がセブンという屋号や経営アドバイスに対するフィーは別途、あってもいいかも)

2つめは、価格決定権は本部が持つがその代わり、仕入れ価格コスト(原価、廃棄・棚卸ロス含む)も全て本部が負う。各店舗は完全に販売することに対してのみ集中して、売上に対する一定率をフィーとしてもらう。

各店舗に本部が各種業務システムなどのIT機能や店舗におけるファシリティを提供しているのであれば、ロイヤリティの率を変化させることで濃淡は出していいと思う。

しかし、契約形態の基本は、意思決定するところが責任を負う形でしか納得できないだろう。

自分の事業部も営業チャネルとして代理店は非常に有力なパートナーである。
代理店が売って、儲かってくれなければうちも儲からない。
代理店との契約形態は非常にセンシティブで、大きく戦略方針と影響するので、気になりました。

うちの会社は、はちゃめちゃやっているように見えて、実はコンプラとか会計とかって非常に保守的なんだよね。はちゃめちゃにやっているように見られているので、最後の砦はきちんと守ろうとしているのかも。基本的にグレーな感じがする時は、少し損しても大義名分を言えるようにしておくスタイルですな。
[PR]
by shimochan_terry | 2009-08-09 18:00 | 日々の徒然

変化するものだけが生き残れる

会社の方で僕がずっとキュンキュンしていた人が退職されました。
旦那さんの転勤でカナダへ・・・聞いたときに無駄にショックを受けました笑

34歳には見えないかわいさと、いい感じの大人の魅力を持った人だったな。
最後の挨拶の際、自分は会議で聞けず・・・本間に最悪でした。

この方の旦那さんは見た感じ、非常に温厚な方でした。
(ネットで検索して写真を見つけたのですが、同僚にキモイ言われましたwww)
奥さんの事、愛しているんだろーなって発言も本人から出ていたので、とても優しそう。
見た目は所謂、イケメンではないですが魅力的な方なんだろーと。

年齢が上がるたびに女性が男性に求める魅力って微妙に変わってきますね。

見た目に最低限気を使う前提だとは思いますが、
年齢と伴に、男は顔だけでないのが露になりますね。


おもしろい。
[PR]
by shimochan_terry | 2009-08-09 00:36 | 日々の徒然

最低限は見ておこうね

政治に関する議論は関係者がいるので、あまり多くはここで語らないが、
各党のマニフェストは自分できちんと見るべき。

少なくとも自民党と民主党は見るべきだろう。
メディアが要約してくれていたり、色々な意見を述べてくれているが、有権者なら自分で見よう。
最低限の情報は大人ですから、自分で確保してくださいね。
そして自分の頭で考えてベストかわからなくても、ベターな判断を自分自身で下しなさい。

・限りあるリソースを誰にどう配分するのか(誰が得するの?)
・リソースはどうなっているの?(金はどこにあるの?もしくは金はどうやって作るの?)
・自分への影響と国全体への影響(自分の面倒見てくれすぎて親が困窮しているのか、またその逆もしかり)

うちのゼミ時代の先生、今回の選挙の解説でメディア出るのかな。
都議選の時も出てたしな。
ゼミ同期で先生の解説聞きながら、どこかで集まって飲むのも楽しいかもよ!

最近、また書き始めたのは、単純に今日から夏休みに入ったからだけです1www
[PR]
by shimochan_terry | 2009-08-08 09:12 | 日々の徒然

流通が気になるこのごろ

今週のカンブリア宮殿でスーパーのOKの社長(80歳ぐらい)が、
「特売は顧客への裏切りだ」言っていた。

顧客に正直になるのであれば、明日、特売になる商品があれば、
今日は売らない、今日は買ったら損しますよ、といわないといけない、みたいなことを話していた。

特売が悪いとかではないが、1消費者としてそうした思想はとっても信頼できる。
ある買い物客が値札も見ずに買っていて、
「同じ商品でもほかの店より必ず安いから」といったコメントは圧倒的な関係性だ。

社長もカリスマって感じではなく、よい加減で温厚なしゃべり方で好きだ。

個人的には、大学時代に住んでいた家の近くにOKがあり、よく買っていたことを思い出した。
というか、大学時代に住んでいたとことかもう4年くらい行ってないなと、ちょっと懐かしく。
[PR]
by shimochan_terry | 2009-08-08 00:19 | 日々の徒然

地元のコンビニにTSUTAYAのDVD返したい

最近、TSUTAYAでDVDを借りる。
それも映画ではなく、TVドラマ。
当分、ドラマなんて見てなかったのに見るとまあ、そおもしろいではないか。
軽く見るにはいい娯楽だ。映画は考えないといけない、と思って見てしまう。
大体、6巻になっているのでいい儲けだよな。

ただ、1点、返却が面倒くさい。
なので、忙しかったりするとよく延滞する。

もったいないので結構借りるし、TSUTAYAディスカスを申し込んでみた。
これはこれで結構、面倒くさい。
見たいものを探すのに一苦労。検索軸も適当だし。
そもそも、これ見たいっ!という強い欲求ではなく、
なんとなしに店舗に入って、これ借りてみよ~となる。
ただ、返却が面倒なのだ。
コンビニとかで返せればいいのに。

ということで、ディスカスもお試し期間が終わる前に返そうと思う。
[PR]
by shimochan_terry | 2009-08-07 23:49 | 日々の徒然

改めて

事業は、
・マーケットに好かれること(必要条件)
・儲けれること(十分条件)
で継続・発展できる。

なんていう当たり前のことを忘れてしまっていたのかもしれません。
わかっていたかもしれませんが、実行できていなかったのかもしれません。

儲ける仕組みにしなければ、事業ではなく慈善になってしまうが、
まず、マーケットに必要とされるサービス・価値をきちんと提供したい。

未来へのワクワク:現実の厳しさ=2:8ぐらいですが(笑)、
個人的には頭フルスロットルな感覚です。

今から先輩と飲んできます!!
[PR]
by shimochan_terry | 2009-08-05 20:32 | 日々の徒然