<   2008年 10月 ( 8 )   > この月の画像一覧

ほっと一息つく

土日で熱海行ってきました。

高校の同級生5人で。

特に何かをするわけでなく、本当に何もせず、話しして、飯食って、散歩して。

話す内容は高校の時と変わらず、むしろ低レベルになっていて笑

ただ、安心感だけがある。不思議な感覚です。

伊勢海老も刺身もおいしかったけど、
金目鯛の煮つけが抜群においしかった!

e0085202_22224426.jpg

また、今週もやっていけそうです^^
[PR]
by shimochan_terry | 2008-10-27 22:22 | 休日

もうダメだと思ってからが始まりだ

この言葉だけが全てです。

追い込まれました・・・
ミスったな~。。。
仕事の前さばきは本当に大事です。

悔やんでも取り返せないので、
ここからが仕事の醍醐味だし取り返そう。

頭の脳が麻痺しながら、覚醒しているような状態です。
[PR]
by shimochan_terry | 2008-10-21 22:13 | 会社

生活するということ

最近、生活することの優先順位が上がった。

ごく簡単にいうと、タオルだったり、足拭きマットだったり、傘立てだったり。
その変わり、洋服や無駄に高い食事とかを控えるようにしました。


生活の質は今の方が高い、というか心地よい。
[PR]
by shimochan_terry | 2008-10-21 12:52 | 日々の徒然

日々、痛感

自分の能力のなさを痛感する日々ですが、
何ができていないのかを理解しているので伸びしろの余地を感じています。

正直、自分ひとりで出来ることなんてたかが知れているなーと改めて感じ、
周りの人がいるから仕事って成り立っているなんていう、
ごく当然のことを感じています。

なんかたわいもなく、仲間に感謝したい気持ちになりました。

あっ、同僚がラ・カンパネラを大絶賛しており、ふと聞きたくなったので、
早速TSUTAYAでレンタル。いいねー。ヘビロテしそうです。
ついでにラフマニノフもレンタル。

基本、雑食なんで何でも感動しやすいです(笑)
[PR]
by shimochan_terry | 2008-10-18 13:45 | 会社

1週間が始まりました!

e0085202_8494042.jpg


上半期の賞をいただきました。
非常に嬉しかったです。

インセンの額はたいしたことありませんが(笑)、
仕事が評価されたことは素直に喜びたいと思います。

評価された点として、
・Yesから始める
・スピード
がありました。

上期からずっと言われてた事業としてのテーマと同じです。

下期はこれに加えて「不変と進化」の<進化>部分によりコミットする必要性が出てきました。
ゼロベースで考えることって難しいですね。
楽しいけど、少し暗礁に乗り上げています。。。
情報をとってくるしかないです。

写真は賞の時に頂いた花です。
花なんてもらうの何年ぶりでしょうか。
とりあえず、家のマグカップに挿しています(笑)
かっこいい花瓶とかを挿せる部屋にしたいものですな。
[PR]
by shimochan_terry | 2008-10-14 09:08 | 会社

視覚化することが効く

最近、ダイエットを成功したことを書きましたが、
やはり続けられた、自分を追い込めたのは目に訴えたことだと思います。

e0085202_23235836.jpg


目標値と実測値、その差異をはかることで行動が変ります。
目標からはずれているのに、ケーキ食べたり、ご飯ドカ食いする気持ちがうせます。

和えて、少しの体重の変化でグラフが急勾配するように目盛りを設定しているのも、
個人的には自分にいいプレッシャーを与えられてよいです。
[PR]
by shimochan_terry | 2008-10-07 23:27 | 日々の徒然

マクトゥーヴ

パウロ・コエーリョの「アルケミスト」
非常によいです。

有名な作品らしいですが、自分は全く知らず、常務に薦められ即購入。

羊飼いの少年が夢に見た宝探しの旅にでる物語。
物語の中に示唆に富む言葉が散りばめられています。


・何かを本当に欲すれば、宇宙は常にお前の味方になってくれる
・本当に起こっていることではなく、自分が見たいように世の中を見ていたのだ
・すべては一つ
・自分が何を欲しているか知らなければならない
・マクトゥーヴ(それは書かれている)
・人生は今生きているこの瞬間である
・地球上のすべての人が心で理解できる言葉
・では、やってみるがいい
・毎日の中に永遠があるのだ
・学ぶ方法はひとつしかない、それは行動を通してだけだ
・自分の心から決して逃げることはできない
・「何故、人の心は夢を追い続けろと言わないのですか?」 
  「それが心を最も苦しませることだからだ」
・夢の実現を不可能にするのものは失敗するのではないかという恐れだ

なんか、もうすごすぎです。

箇条書きにすると味気なく、
ちょっとこそばゆい言葉の羅列になってしまいますが
読んでいると物語の中で、うまく中和されており自分は和みました。

読む度に違う感じ方ができそうな本ですね。
[PR]
by shimochan_terry | 2008-10-04 17:19 | 書籍

そんなに皆、強くない

産業構造は変わったのに、就職ランキング上位は40年ほぼ変わっていない。

違和感ですな。

自分の時を振り返ってみると、それもしゃーないなと思う部分もありますが、
逆の立場の今、考えるとそれだけ価値・場・機会を提供できていないという帰結なのでしょうか。

介在価値は大きくあります。

まだまだ、自分の気持ちに素直にはなれないのかもな。
そもそも向き合えてもいないのかもしれませんね。
きちんと向き合うには勇気も強さも意志もいるからね。
[PR]
by shimochan_terry | 2008-10-04 01:16 | 会社