<   2007年 06月 ( 5 )   > この月の画像一覧

ちゃぶ台をひっくり返す

現実逃避したい・・・とほんま久しぶりに思った。

ここ最近、かなりご機嫌で仕事していましたが一気にボコられた。
どっから手をつけていきましょうかね。
一つ一つタスク潰していくしかないよなー。

ここにキックオフの司会まで入ってきたよ~。
どうしましょ。
めちゃ大役やん。
楽しいキックオフにしたいなー。

あーループ状態や。
ブログが逃避行になっている。。。

先週の土曜は友人の誕生日を祝うために夜中の11時に銀座を走り回ってケーキゲット。
どこも閉まっていてほんま厳しかったけど、
途中からアドレナリン出てきて「ぜってー買ってやる」って思ってた。

なんとか素晴らしいケーキをゲット。
みんなおいしーって言ってくれたし満足じゃ。

さて、やりますか。
[PR]
by shimochan_terry | 2007-06-25 21:40

組織力と個人力

「引継ぎ」が仕事の評価項目として入っている会社は組織力が強くなるのではないか。

周りを見ていてうちの会社は引継ぎがへたくそだと思う。

引継ぎする側も、
引継ぎを受けた時に大した引継ぎを受けていないため
引継ぎに力を入れない。

担当者は業務を試行錯誤の中で回しながら、
みんなそこそこデキル人達だから業務はなんとかまわる。

組織としてはめちゃくちゃもったいないなー。

ナレッジのストック、共有が組織力を生み出すのならどれだけの
価値を捨てているのだろうか。
もっと組織力高めようよ。
高められる仕組み作らないとね。

ただ、個人のパフォーマンスのみが評価基準になっていれば、
引継ぎの優先順位が落ちるのは自然なことであろう。

事業の規模、ビジネスによって評価基準は変えていいのかも。

小規模×新規ビジネスであればあるほど個人のアウトプットより報酬体系
大規模×成熟ビジネスであればあるほど組織力を生み出す仕組みへの報酬体系


同じ会社でも事業部によってかえていいのかも。

そんなことを先輩と話しながら自分はつらくてもきっちり引継ぎできる
デキルやつになることを誓った一日でした。
[PR]
by shimochan_terry | 2007-06-12 23:17 | 会社

判断基準は・・・

●自分で決めることは楽しいが責任が圧倒的に重い

そう感じる1週間でした。

2年目になり圧倒的に仕事の領域が広がる。
勿論わからんことばっかりなので、先輩の力を借りまくる。

ただ、判断しないといけないことが増え、
何か問題が起こったときのリカバリーも一人で行う事が増える。
判断基準はカスタマー&クライアント視点。
耳にたこができるぐらい先輩に言われている。

胃が痛くなるようなプレッシャーもあるが、心地よい充実感もある。

「経営者の仕事は判断する事」と言うが、とてつもないプレッシャーだろうな。
背負っているものが違う。

●最近、チームの雰囲気がいい

笑いと会話が圧倒的に増えている。
通常のT会とは別にじっくりT会という仕事の進捗管理とは別のT会が功を奏しているのか。
仕事の思いやつまづいていることなどなかなか普段共有できてなかったことが
共有できている。

●メールのフォルダは3つ
「要返信」、「保留」、「履歴」


●フォト事業の広告はつくつやすいのか
けど、やっぱいいよね。このCM
ウェブプロモーションもいいです。
オリンパス
ミスチルの音楽がまた合っていてGood。
プランナーはgroundの高松さんです。
さすがっすね。
[PR]
by shimochan_terry | 2007-06-09 18:29 | 会社

愛は地球を救うのか

LOVEキャンペーンをカルティエが始めるそうな⇒LOVE

売上の10%が人道的な団体に寄付されるそうです。

こういったキャンペーンはホワイトバンドの時も叩かれたように
一部からは売名行為だとか、色々叩かれるんだろうな。


キャンペーン自体はとっても興味惹かれますよ。
ショートムービーとアートギャラリーが楽しみ。
アクセも7万円なのでカルティエにしてはお手頃です。

一瞬買おうかなと思いすぐにやめました。
これはカップルで買うものですね笑

カップルの方はいかかでしょうか(ちょうどボーナスの時期笑)
[PR]
by shimochan_terry | 2007-06-04 23:34

Super ミーハー

今日のスクパドの講師は、トランジットジェネラルオフィスの中村さん。


この会社はOFFICEやSignというカフェ事業から始まり、
ホテル、ケータリング、MUSICと各コンテンツを軸に遊び場を創っていく会社。

もともとCLASKAに惚れこんでいた僕は今日の講義が楽しみだった。

最近、コラボしているGUCCI CAFEの話しからホテルプロデュースの話しへ。

The StandardがNYへ進出する話しやGRAMERCY PARK HOTELなど最新NYのデザインホテルの話しへ。

いつかホテル事業をやりたいなーと軽い気持ちでもっている自分は、
デザインホテルというものが個人的には好きだが、
日本において根付くのかイマイチピンときていなかった。

みんな彼女とHOTEL行く時、どこに行くのかな?
やっぱラブホテル??
それとも頑張ってちょっといいHOTELとか行っちゃうのかな。
外資系HOTEL全盛の時代だけど、イマイチおもしろさにかけるよね。

日本ではデザインホテルをビジネスで成功させるのは難しそう。
原価率がかなり高いビジネスだからね。
彼女とフランス料理食べに行くのに、
一人1万円を惜しげもなく払う人が多いのにホテルにはみんなシビア。
中村さんいわく「NYでキテルものは絶対日本でくる!」

NYのデザインホテルにはこれから、WILLIAM BEAVER HOUSE40 BOND参入してくるとか。
すっごい楽しみ。どんなホテルを作ってくれるんだろう。
WILLIAM BEAVER HOUSEはPRに同人誌のアニメーターを採用して話題になっている。
クールジャパンですね。


中村さんがおもしろい事を3つ言っていた。

①強烈な日本文化は鎖国時代に生まれたんではないか
確かに、各国が交流を深める中、250年も鎖国してたら特殊な文化になるわな。
詳しく調べたわけではないけど、納得感高い。
アイディアの参考になりそう。

②BoomとStyleについて
 ・Boomをつくる
 ・BoomからStyleにする
 ・BoomになってStyleにならなかったものを再Boomにする
BoomからStyleにすることが一番のビジネスネタ。
カフェは既にスタイルの領域になっている
もつ鍋、ジンギスカンはスタイルにならないから5年後に再Boom

③やりたいことは見つからない
まじで笑えた。けど、ものすごく説得力がある。
若い人はやりたいことが見つからないとよく悩んでいるが、
やりたいことなんて見つかるやつはレアだと。 
ある時、やれることがやりたいことに変わる。
その時やれることの領域を広くしておくことが重要。
「やれることがやりたいことになる」という表現は後ろ向きに捉える人もいるかもしれないが、
とっても前向きな感じに捉えられた。

中村さんはとってもミーハーで、何も長く続かなかったらしい。
ミーハーはかっこ悪く思われるけど、やり続けたら情報の最先端をつかめるようになった。
流行の上澄みをずっと触れ続けてたら、ジェネラルになったらしい。
僕はとってもミーハーなので勇気づけられた笑

松本の「大日本人」おもろくないって聞いた。
観に行ってみよう。
[PR]
by shimochan_terry | 2007-06-03 01:41 | 休日