カテゴリ:会社( 89 )

自分事の範囲

課題が大きければ、大きいほど、
「これはヤバイから誰かが動いているだろう」
と、お見合いしてしまう。

さらに、それが基盤(インフラ)的な問題であれば尚更。
負の部分が個人に偏ってのっかるわけでなく、薄く広く配分されるから、
変えようというインセンティブが働きにくい。

自分事として捉え、そこに問題意識を持ち、実行に移せるか。

そこに限ります。

会社人であれば、事業に関することは、
究極全て、社長ではなくても自分事だと捉え行動することが大事だし。
(勿論、その中での役割は社長と違うよ)

社会人であれば、社会を作る人であるから、社会の問題は自分事として捉えるべき。

問題を指摘して、得意気になっている人はいらない。

とはいえ、そこまで高い視点を持つことは難しく、
浮き足だってしまうのもよくないので、自分の視点を常に調整できる能力は重要なわけです。

んで、基本スタンスは、繰り返すけど、自分事として物事に対応すること。
「当事者意識」です。
[PR]
by shimochan_terry | 2009-03-18 23:09 | 会社

シンプルを繰り返す

伝えたいことはシンプルに何度も繰り返す。
そう、徹底的に。

長のメッセージはどうやったらメンバーへ浸透するか。
どこでも課題になりそうなことですが、漏れなくうちもそうです。
長に近いところの僕の部署でも、自分を含めてどこまできちんと理解できてるか。
いわんや、長と物理的に話す機会が少ない部署、地域は・・・です。

手法としてのテクノロジーはたくさんあるけど、
やっぱり、人はそこまで覚えられないので、
シンプルなメッセージを何度も何度も繰り返して伝える、
は大切なことです。
[PR]
by shimochan_terry | 2009-03-18 02:44 | 会社

答えが出ないよ

「あーでもない、こーでもない」って、
皆で議論して、でも答えでなくて常にスパイラル。

そんな日々が続いています。

問題って常にシンプル(なはず)で、
難しくしているのは僕達。

でも、シンプルに考えて答えだすことは、
すごーく、すごーく難しい。

僕達が得たいこと、それと引きかえに失うこと。
話しとしてはわかるけど、そんなに簡単に決めきれない。

答えが中々見つからなくても、
皆でもがけている今、組織としてはすごく前向きだと思う。

だから、結果まできちんとだして、プロとして喜び合いたい。
プロセスだけで喜び合えるのはアマチュアだけ。
[PR]
by shimochan_terry | 2009-03-16 22:46 | 会社

何を期待されているか、考えること

自分は4月以降も同じ部署で働きます。

組織は激震ですね。
まあ、予測はしていましたが、大きな人事異動でした。
「生き残る」という言葉が正に当てはまる環境です。

同じ部署で4年目です。

1年目:業務を必死に覚える
2年目:自分の型を試しながら、改善する
3年目:領域を横・縦に伸ばす
4年目:組織としての課題をきちんと設定し、価値を生み出す
かな。

自分の業務だけでは、やれることは決まっているので、
4年目のまだまだ青っちょろいもんですが、
組織として事業にどう価値を提起するかに拘りたいですね。

恐らく特定業務を持たない、特命平社員ですので、
考えて実行できる時間は十分に与えられているはずです。

只野仁みたいになれるか頑張ってみたいと思います。
[PR]
by shimochan_terry | 2009-03-12 21:09 | 会社

もうダメだと思ってからが始まりだ

この言葉だけが全てです。

追い込まれました・・・
ミスったな~。。。
仕事の前さばきは本当に大事です。

悔やんでも取り返せないので、
ここからが仕事の醍醐味だし取り返そう。

頭の脳が麻痺しながら、覚醒しているような状態です。
[PR]
by shimochan_terry | 2008-10-21 22:13 | 会社

日々、痛感

自分の能力のなさを痛感する日々ですが、
何ができていないのかを理解しているので伸びしろの余地を感じています。

正直、自分ひとりで出来ることなんてたかが知れているなーと改めて感じ、
周りの人がいるから仕事って成り立っているなんていう、
ごく当然のことを感じています。

なんかたわいもなく、仲間に感謝したい気持ちになりました。

あっ、同僚がラ・カンパネラを大絶賛しており、ふと聞きたくなったので、
早速TSUTAYAでレンタル。いいねー。ヘビロテしそうです。
ついでにラフマニノフもレンタル。

基本、雑食なんで何でも感動しやすいです(笑)
[PR]
by shimochan_terry | 2008-10-18 13:45 | 会社

1週間が始まりました!

e0085202_8494042.jpg


上半期の賞をいただきました。
非常に嬉しかったです。

インセンの額はたいしたことありませんが(笑)、
仕事が評価されたことは素直に喜びたいと思います。

評価された点として、
・Yesから始める
・スピード
がありました。

上期からずっと言われてた事業としてのテーマと同じです。

下期はこれに加えて「不変と進化」の<進化>部分によりコミットする必要性が出てきました。
ゼロベースで考えることって難しいですね。
楽しいけど、少し暗礁に乗り上げています。。。
情報をとってくるしかないです。

写真は賞の時に頂いた花です。
花なんてもらうの何年ぶりでしょうか。
とりあえず、家のマグカップに挿しています(笑)
かっこいい花瓶とかを挿せる部屋にしたいものですな。
[PR]
by shimochan_terry | 2008-10-14 09:08 | 会社

そんなに皆、強くない

産業構造は変わったのに、就職ランキング上位は40年ほぼ変わっていない。

違和感ですな。

自分の時を振り返ってみると、それもしゃーないなと思う部分もありますが、
逆の立場の今、考えるとそれだけ価値・場・機会を提供できていないという帰結なのでしょうか。

介在価値は大きくあります。

まだまだ、自分の気持ちに素直にはなれないのかもな。
そもそも向き合えてもいないのかもしれませんね。
きちんと向き合うには勇気も強さも意志もいるからね。
[PR]
by shimochan_terry | 2008-10-04 01:16 | 会社

この音が俺を何度でもよみがえらせる

成果にフォーカスすること

それで結果を出すことにしか楽しくならない

なので、成果とは何かはきちんと明確にしないとフォーカスする行動さえとれない

「安西先生、俺、レギュラー(1軍)になりたいです」
 ※そんなセリフはありません

以下、箇条書き

・2軍のオールスターなんて誰も見ないし、出ても楽しくない
・1軍を目指さないプロ選手なんていないだろ
・アマは「和」で勝つ、プロは勝って「和」なる

あー、アドレナリン出てきました。
スラムダンク見たいなー
バスケしたいなー
[PR]
by shimochan_terry | 2008-09-30 22:57 | 会社

上半期締まりました

上半期が先週の金曜で締まった。

時が経つのは早いものだ、なんて感覚はありきたりたがそれもまた正しい。

事業としては、非常に厳しい状況です。
何を持って厳しいと判断するかは微妙ですが、
経営ボードから落ちている目標を達成していないということは負けを認めざるえません。

3ヵ年の初年度である上半期はずっと、価値議論を続けていたわけですが、
下期にフィジビリを行い、来期から果実をもぎ取ります。

気づけば、今回も人事異動とは無関係であり、
新卒で入ってから丸3年間同じ部署で仕事をすることが決まりました。
特に今回は、仕事の振られ方から異動はないと思っていましたが、
それにしても新卒から全く異動していない人も大分少なくなってきました。

個人的には、年を追うごとに仕事に充実感が出て来ています。
恐らく、責任感、期待感が自分が鼓舞される要素なんだと思います。
「知っていること」が多くなり、それだけで強みになるのですが、
そうではなく、「知っている」から生み出せるアウトプットで、事業を組織を繋いでいきます。
下期はより大きな仕事を頂けそうなので、期待に応えたいです。
傍である営業や商品企画の人たち、ひいてはクライアントやカスタマーへ価値を提供します。
そして、傍(はた)を楽(らく)にしてあげたいです。


※「繋ぐ、繋げる、繋がる」
 我がグループのテーマです
 
[PR]
by shimochan_terry | 2008-09-27 16:53 | 会社